CHARACTER 参戦作品

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

作品概要

1995年にTVシリーズとして制作され、一大ムーブメントを巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』を、庵野秀明監督が指揮をとり自ら再構築した劇場用映画シリーズ。
オリジナルシリーズをリビルドして作られる本作は全4部作で制作され、過去の“エヴァ”テイストを残しつつ新たな展開をみせる物語や新キャラクターの登場に、ファンは熱狂した。現在までに『序』『破』『Q』の3作品が劇場公開され、現在は完結編となる最新作の制作が進められている。

ストーリー

封印されていたエヴァンゲリオン初号機からサルベージされた「シンジ」が目覚めたのは、彼が「綾波レイ」を救おうとニア・サードインパクトを起こしてから14年後の世界だった。 反ネルフ組織「ヴィレ」を立ち上げ、使徒と、そしてNERVと戦う「ミサト」たちの変わりように混乱するシンジ……。そんな中、彼を奪取すべく襲来したエヴァMark.09の手でネルフ本部にやってきたシンジが見たものは、荒廃したネルフ本部と父「ゲンドウ」、そして謎の少年「カヲル」の姿だった。カヲルと共にEVA第13号機に乗り込むシンジが知る、残酷な世界の真実とは!?

PAGE TOP