CHARACTER 参戦作品

ガサラキ

作品概要

「太陽の牙ダグラム」「装甲騎兵ボトムズ」などを手がけた高橋良輔氏が原作・監督を務めたテレビアニメーション。民族紛争やテロの脅威といった現代につづく情勢不安が大きく姿を現した1990年代――その時代のもつ空気感を濃密に取り込んだ本作は、現実世界と作品世界が地続きであると強烈に主張する。兵器としての二足歩行兵器の描写と和を基調とした怪異の描写が組み合わさることにより、独自の世界観を作り上げることに成功した「ガサラキ」は、リアルロボットアニメの概念を再定義した野心作だ。

ストーリー

古来より人が恐れ敬う鬼「ガサラキ」を呼び出すことができる超常の能力「嵬(かい)」を操る豪和一族は、総合企業「豪和インスツルメンツ」として軍需産業で確固たる地位を築いていた。一族の四男で嵬を操ることのできる「ユウシロウ」は実験部隊で二足歩行兵器「タクティカル・アーマー(TA)」の開発に従事していたが、戦闘のさなか同じ能力をもつ「ミハル」と二足歩行兵器「イシュタル」に遭遇する。二人が運命の出会いを遂げたとき、現代と平安、時代を超えた物語が動き出す……。

PAGE TOP